取扱商品

次亜塩素酸の有効性および安全性(空間除菌)について

次亜塩素酸を主成分とする水溶液(いわゆる次亜塩素酸水)について

■当社の見解

次亜塩素酸水は消毒薬ではなく、食品添加物であるため古くからその安全性は高く評価されており問題ないものと認識しております。 実際プールや食品・野菜の除菌等にも利用されており、医療機器としての強酸性次亜塩素酸(手指消毒等)も存在しております。 また、有機物に触れると容易に中和されすぐに水に戻る性質がある為、薬品や一般的な消毒薬と比べその危険性はかなり低いものと考えます

弊社で取扱いのジアニストは無隔膜電解槽で電気分解して生成したものに マイクロバブル発生装置を使って二酸化炭素をバブリングさせて生成した電解次亜水です。 原料は水と塩(と二酸化炭素)だけで、その他危険な薬品等(ホルムアルデヒド、塩素系薬剤、又は第4級アンモニウム化合物など、特定の化学物質)は一切使っておりません。

また、ジアニストの安全性については、水道水で10倍に希釈した約50ppmにおいてヒト培養皮膚モデルを用いた皮膚刺激性試験、ヒト培養角膜モデルを用いた眼刺激性試験、 急性経口毒性試験、厚生労働省が示す食品添加物公定書に基づく食品添加物規格基準試験にて「微酸性次亜塩素酸水」としての確認試験を行っており、すべてクリアしております。 現在も引き続きその他の安全性にかかわる試験を遂行中でございます。

もちろん、本来の目的である除菌効果としての試験もインフルエンザウイルス抑制試験、ネココロナウイルス抑制試験、クロカワカビ除菌試験、スギ花粉アレルゲン抑制試験、超音波噴霧器をつかった99.9%の除菌試験(黄色ブドウ球菌)も行っております。
※ジアニストは拭取り除菌雑貨の為、医薬品ではございませんので、検査を行っても具体的なウイルス名を掲載する事は通常出来ませんがご質問が多い為しばらく掲載させて頂きます。

また、NITEが見解を示した超音波噴霧器に次亜塩素酸を入れて室内でお使い頂く際の注意点においては、引続き弊社独自で各種安全性の試験は行っていきますが、一般的に広く安全性が認定され、皆様にご安心頂けるまでは、「ご心配であれば」NITEの方針に従い『あくまでも人が不在時に超音波噴霧器での室内除菌をする』という無人化での室内空間除菌消臭用途での使い方に変更してください。※ただし、「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について(令和2年3月6日付事務連絡)」に関するQ&Aについてにも言及されておりますとおり、噴霧すると有害であるという消毒薬を示しているのは「次亜塩素酸ナトリウム」であって「次亜塩素酸水」ではございません。当社取扱いの次亜塩素酸は10倍希釈する事で「微酸性次亜塩素酸水」と同等な水溶液となります。 基本的には次亜塩素酸を超音波噴霧器を使って室内に噴霧する事により、次亜塩素酸がお部屋の物に付着する事で除菌消臭効果を発揮致します。※北里環境科学センターにて99.9%の細菌の除菌効果を試験済み

※超音波噴霧器にジアニストを入れる場合は必ず10倍以上に希釈してご利用頂く事をお願いしておりますが、ご心配であれば50倍の希釈でもよいと考えます。理由としては、パナソニック様のジアイーノがあり、こちらは約10ppmの次亜塩素酸を排出する装置で各種エビデンスをそろえております。こちらと同等な濃度にするならば当社のジアニストを50倍に希釈すればよいかと思います。また、森永乳業様のピュアスター(微酸性次亜塩素酸)も、約54ppmの次亜塩素酸を噴霧器に入れての吸入暴露試験を行っておりますが危険性は確認されておりませんので参考に頂ければ幸いです。

ただし、塩素そのもの対してアレルギー体質の方もいらっしゃいますのでその点はご注意頂けると幸いです。

以上により当社では超音波噴霧器に10倍以上希釈した次亜塩素酸(薬品を使っていない電解した次亜塩素酸)でのご利用については危険性は確認されていないものと考えておりますが、引き続き安全性の確認をしWebに情報発信していきたいと思います。

※空間除菌とは空気そのものを除菌する事ではなく、ミスト化された次亜塩素酸がお部屋の有機物や設備品に付着する事で対象物を除菌する事をさします。

 
参考文献
「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について(令和2年3月6日付事務連絡)」に関するQ&Aについて
・「微酸性電解水ミストのラットに対する暴露試験」北里大学等
「微酸性次亜塩素酸水の定義」厚生労働省
・「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性」厚生労働省
・「次亜塩素酸の安全性について」パナソニック
「酸性電解水(次亜塩素酸水)が新型コロナウイルスに効果があることは十分推察できる」一般社団法人 日本電解水協会 

・一般ニュース
・新型コロナを次亜塩素酸水が「短時間」で「強力」に不活化することを証明-帯広畜産大ほか
次亜水は新型コロナにきくの?
次亜水は新型コロナにきくの?2
次亜塩素酸水で新型コロナ不活化「30秒以下で」 北海道大学とエナジック社が実証
【厚生労働省が認めた!】微酸性次亜塩素酸水(電解水)を生成する装置「visanzia」がついに登場。

エビデンスの公開について 一部抜粋 (共同エビデンス及びその他悪用懸念の為画像の一部抜粋と致します)

10倍に希釈した検体において一部抜粋致します。専門的な見地が必要なため詳細なご質問については一切お断りしております。







尚、水道法の基準では 塩素酸 0.6㎎/L 臭素酸 0.01㎎/L総トリハロメタン 0.1㎎/L 上記数値となっております。除菌水として活躍できる次亜塩素酸ですが上記は水道水基準とほぼ同等となります。

その他有効性については以下にてまとめて一部抜粋掲載しております。