次亜塩素酸「空間噴霧」 の
効果と安全性

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、消毒用アルコールの代替として使用されてきた次亜塩素酸に関する一連の報道が社会的な混乱を招きました。次亜塩素酸水の主成分である有効塩素(次亜塩素酸、次亜塩素酸イオン)は歴史的にも古く、現在まで浄水場やプール等、生活に密着した場所で多数使用されています。日々私達が口にする水道水にも有効塩素が含まれており、もし仮にこれらに除菌力がなかったり人体に有害であったりするのであれば、毎日水道水を飲むことで健康被害が確認され使用中止となるはずです。インフラにも日々使用され、様々な現場で適用されている有効塩素の効果と安全性を改めて認識いただいた上で、ご使用いただければ幸いです。※1

噴霧開始から菌が
99.94%減少

弊社の微酸性次亜塩素500ppm(pH:5.8)を水道水で10倍(50ppm)に希釈し、6畳(25㎥)で、空間噴霧した際の経過時間ごとの浮遊菌数の推移です。グラフから、噴霧開始から45分後に菌が99.94%減少したということがわかります。低濃度の次亜塩素酸の空間噴霧を続ける事により、表面を濡らさず、人の手を介さずに菌を処理できたことが証明されています※2

※第三者機関での試験データであり、実際の使用環境での性能を保障するものではありません。

ウイルスに対する
不活化効果について

超音波加湿器で次亜塩素酸水を噴霧すると「気体状次亜塩素酸」と目に見える「粒子状次亜塩素酸」が発生します。三重大学の研究では微酸性次亜塩素酸水を超音波加湿器で噴霧し、「粒子状次亜塩素酸」と「気体状次亜塩素酸」のウイルスに対する不活化効果の試験結果が公開されています。※1

微細粒子状次亜塩素酸の
不活化効果(超音波加湿器)

レーヨン不織布に付着させたウイルス粒子約105個を、安全キャビネット内で、霧化量120ml/h、風量3㎥/h、40cm離れた位置から蒸留水を噴霧した場合と、弱酸性(pH6.0)およびアルカリ性(pH10.0)50ppmの次亜塩素酸水溶液で噴霧した場合の試験結果です。蒸留水の噴霧の場合、感染力を示すプラック(白色斑点)が見られましたが、次亜塩素酸水溶液で噴霧した場合、いずれもわずか10分間でプラックは見られなくなり検出限界値以下(<1個)まで減少しました。※1

気体状次亜塩素酸の
不活化効果(通風気化方式)

通風気化方式とは、次亜塩素酸水溶液を含浸させた三次元フィルタ内に空気を通気することで、次亜塩素酸を揮発させる方法です。25㎥の無人空間で、ガーゼに付着させたウイルスに対し、1.5m離れた位置に通風気化装置を設置。低濃度10〜15ppbの気体状次亜塩素酸への暴露の結果120分後に5.2-log以上の減少(検出限界値以下)に達しています。※1

微細粒子状
次亜塩素酸の到達量

この実験では10mLの純水を入れたシャーレを各位置に設置し、空間噴霧で次亜塩素酸の微細粒子が沈降し、どのくらいの濃度になるのかを測定しています。2m離れた位置では、着座姿勢(80cm)、起立姿勢(150cm)の顔の高さで0.01ppm以下でした。最も高い濃度が出た1m離れた床面付近で0.04ppmですが、これも水道水の基準より低い数値です。この計測から空間噴霧しても安全上何も問題ないことがわかります。※1
※引用元:一般社団法人次亜塩素酸水溶液普及促進会議資料より。塩素過敏症や塩素アレルギーの方は2m以上離れることを推奨します。

気体状次亜塩素酸の
不活化効果(通風気化方式)

気体状の化学物質に対しては、労働安全衛生法や日本産業衛生学会が作業環境における許容濃度を定めており、塩素ガスに対しては0.5ppm(=500ppb)*が基準値です。上記測定結果では人が活動する30㎝~180㎝の濃度はわずか7~17ppb(0.007~0.017ppm)であり、労働安全衛生法上の濃度を大幅に下回ることがわかります。また、過剰噴霧した場合でもある一定濃度以上(約120ppb)までしか上昇しないというデータもあります。

人にも家畜にもやさしい
畜産業での次亜塩素酸
空間噴霧の活用

次亜塩素酸噴霧による有効性や安全性は従来より多く研究され実用化もされてきました。特に畜産業界では現在当たり前のように次亜塩素酸の空間噴霧が活用されています。畜産業の臭気は畜産地の近隣まで臭気が発生することなどから大きな環境問題となっており、その問題が年々拡大し畜産業振興の阻害要因にもなっていました。このような家畜ふん堆肥化処理過程や食品加工過程で発生する高濃度臭気を除去する用途として、畜産業界では次亜塩素酸の空間噴霧が、除菌・消臭用途として古くから活用されています※2

安全な濃度・無人空間での
超音波加湿器活用のご提案

室内除菌は時間が必要です。※2エビデンスでは50ppm濃度、6畳45分後に99.94%除菌の為ご利用のご参考にしてください。超音波加湿器に精製水や水道水を入れて長時間利用すると自然界に潜むレジオネラ菌の繁殖に繋がりますので次亜塩素酸水がおすすめです。次亜塩素酸ナトリウムの噴霧は禁止されています。噴霧の際は次亜塩素酸水でお願い致します。

当社ジアニストの試験データ

次亜塩素酸についてさまざまな安全検証を行っています。

※安全性の試験 (水道水で10倍(1:9)に希釈した約50ppmにおいて) ※モノの拭取り除菌には有効塩素濃度50ppmでウイルスや菌・カビの除菌試験を行っております。 ※水道水で10倍に薄めた場合の安全性を確認しております。

TOP