ビタミンCで今日から美白美肌

ビタミンCを取り入れてコラーゲンの合成を促し、今日から美白美肌を目指そう!

ビタミンCは、薬局やスーパーなどで手軽に手に入るイメージがありますが、実際にはどのくらいの量が必要で、肌や体にはどのような効果が得られるのでしょうか。食品から摂取するのであれば、何を食べれば効率的なのでしょうか。今回はビタミンCの効果効能の他、スキンケアを考えた時になぜ必要なのかを解説いたします。

綺麗な素肌

ビタミンCの効果と副作用とは?

ビタミンCは、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力をアップさせる抗酸化作用を持ったビタミンです。

コラーゲンの合成に働き、細胞と細胞を強く結合させることで骨を丈夫にしたり、肌にハリや潤いを持たせ、シミやシワの予防など美肌効果や抗ストレス効果にも期待が持てます。

また、ビタミンCは水溶性のため、一時的に摂り過ぎたとしても、数時間で排泄されてしまいますので、摂り過ぎによる過剰症などの心配はほぼありませんが、欠乏すると大変なことになります。

ビタミンCが欠乏すると「疲れやすい」「免疫力が低下する」「風邪を引きやすい」「肌のハリがない」「貧血になる」などの症状が出現し、さらに不足した状態が続くと壊血病になる恐れがあります。

壊血病はコラーゲンの生成ができなくなることで、血管や粘膜、皮膚弱くなり出血すると止まらなくなり、最悪命を落とす病気です。

ですから、ビタミンCは生きていく上では必要な栄養素であり、以下のような効果が得られるわけです。

  • 骨や筋肉、粘膜や皮膚を丈夫にする
  • 美白や美肌効果がある(シミの元であるメラニンの合成を抑える)
  • 免疫力を高める
  • ストレスをやわらげる(抗ストレス作用を持つ副腎皮質ホルモンの合成を促す)
  • 貧血を予防する(鉄の吸収を高める)
  • 老化や病気から体を守る など

ビタミンCは、積極的に取り入れたいビタミンの一つです。

食事で摂取した時の効果とは?

ビタミンCは野菜や果物に豊富に含まれていますが、調理方法によってはすぐに壊れてしまい効果的に摂取できない場合もありますので、食品によっては特徴があることを念頭に入れておきましょう。

そして、ビタミンCは体の中に貯蔵しておけないため、毎日取り入れる必要があります。

ビタミンCは、以下の食品に多く含まれています。

野菜

  • 赤ピーマン
  • 芽キャベツ
  • 菜の花
  • カリフラワー
  • キャベツ
  • ほうれん草
  • チンゲン菜
  • じゃがいも
  • さつまいも など

果物

  • レモン
  • いちご
  • キウイフルーツ
  • アセロラ
  • はっさく
  • ネーブルオレンジ
  • パイナップル
  • トマト など

一日に必要摂取量ですが、いちごであれば、大粒4個(125g)、トマトであれば中粒3個(500g)です。

ビタミンCは、水に溶けやすく、さらに熱や空気などでも壊れやすいため、洗ったり切ったり加熱することでビタミンCが減少してしまいますが、熱に強い「じゃがいも」「さつまいも」などもあります。

「生で食べれるものは生で新鮮なうちに」「加熱が必要なものは短時間で調理できるメニューで」をモットーに召し上がることをおすすめいたします。

また、ビタミンAやEと一緒に摂取することで、抗酸化作用がさらにアップしますので、その効果を実感してみましょう。

スキンケア用品としては?

比較写真

ビタミンCは、紫外線の刺激を受けたときにできるシミの元であるチロシナーゼの働きを阻害し、メラニン色素の沈着を防いでいます。

たとえ紫外線を浴びてしまっても、ビタミンCの成分によりシミができにくい状態を保ってくれるわけです。

また、ビタミンCはコラーゲンの合成により、皮膚や粘膜を強くしますので、シミだけではなくシワの予防にもなり、透明感のある肌を維持し美白効果が得られますので、ビタミンC配合の化粧品をおすすめします。

まとめ

ビタミンCは、食品からも手軽に取り入れることが可能ですが、調理の過程で壊れたり流れ出てしまうことが多いため、美白や美肌を目指す方には、化粧品の他サプリメントなどの併用もおすすめします。

ビタミンCは、美肌だけではなく、健康を維持していく上でも必要な栄養素ですので、積極的に取り入れていきましょう。