ビタミンBで酵素を作る

ビタミンBは体に必要な酵素を作る材料だった!ビタミンBの効果とスキンケアについて解説!

ビタミンBと一言でいっても、ビタミンB群には8種類のビタミンがあるのをご存知ですか。漠然と体や肌に良いことは分かっていても、本当のところは知らないですよね。ビタミンB群とはどんな役割を持ち、どこに必要なのかをキチンを理解すると、積極的に体に取り入れようと意識をするものです。今回はビタミンB群について解説いたします。

ビタミンB群の効果と副作用とは?

ビタミンBには、「疲労回復」「体の成長を促す」「貧血を予防する」「皮膚や粘膜を保護する」「エネルギー不足を解消する」などの効果があり、私たちが生きていく上では必要な栄養素なのです。

ビタミンB群といわれるものには、以下の8種類がありますので、それぞれの役割について簡単に説明していきましょう。

【ビタミンB1】(疲労回復)

疲労回復

ビタミンB1から作られる補酵素は、炭水化物をブドウ糖に分解していく上で必要な材料となりますので、ビタミンB1が無いと、ブドウ糖を作れなくなりエネルギー不足になってしまいます。

ビタミンB1から作られる補酵素は、炭水化物だけではなく、たんぱく質やアルコールも分解しエネルギーに変える時にも関与しています。

【ビタミンB2・B6】

ビタミンB2は脂質、ビタミンB6はたんぱく質を分解する時に必要な補酵素の役割があり、成長を促すビタミンです。

ビタミンB2が不足すると、脂質の代謝がうまくいかなくなるため、肌荒れや髪の毛のトラブルが起き、ビタミンB6が不足するとタンパク質の代謝がうまくいかなくなるため、皮膚や粘膜、歯や爪などを作ることができなくなります。

肌の美白やシミにも影響するのがビタミンB2とB6です。

【ビタミンB12】

しじみ

ビタミンB12は、細胞分裂を促す補酵素で、葉酸と協力して赤血球(血液)を作る助けをしています。

ですから、ビタミンB12が不足すると細胞分裂がうまくいかずに、赤血球が作れず貧血を引き起こしてしまいます。

つまりビタミンB12は貧血を予防する大事な栄養素なのです。

【ナイアシン】

ナイアシンは、糖質や脂質を燃やしてエネルギーを生み出す際に必要な補酵素を作っています。

ナイアシンは人の体の中で働く酵素の約2割に関与し、ナイアシンがエネルギーを作り出すことを促しているため、細胞や臓器は活動でき、皮膚や粘膜を健やかに保て、さらに体を動かすことが可能になるのです。

【パントテン酸】

パントテン酸は、三大栄養素である糖質、たんぱく質、脂質の代謝を助け、エネルギーを生成しています。

体内ではコエンザイムAという補酵素の構成成分でもあります。

【葉酸】

葉酸を含む食物

細胞の遺伝子情報が詰まったDNAを合成する際に必要な酵素を助けています。

正常な細胞分裂を促すことや、新陳代謝が十分に行えるように働いているため、特に妊娠中にはしっかりと摂取しておきたいビタミンの一つです。

【ビオチン】

ビオチンは、糖の代謝に関わり血糖値を調整し、高血糖状態を改善する作用もあるといわれています。

食事で摂取した時の効果とは?

ビタミンB群は、互いに違う作用を持ちながらも助け合って存在し、細胞や遺伝子レベルで体の健康状態を保っています。

特に、ビタミンB群が多く含まれている食品は以下の通りです。

レバー
  • 豚肉やレバー
  • かつおやぶり、サバ
  • 卵や乳製品、大豆など

身近にある食品から十分にビタミンB群は摂取でき、食品であれば、たとえ摂り過ぎたとしても体に支障をきたすことは殆どありません。

スキンケア用品としては?

ビタミンB群は、肌の新陳代謝にも深く関わりを持っており、皮膚の健康を維持するための有効な成分でもあります。

肌バリア機能をアップさせ、保湿させ乾燥を防ぐことで、紫外線などのダメージも新陳代謝を促すことにより、皮膚が回復しやすい状態となります。

ビタミンB群配合の化粧品もたくさん販売されていますので、試してみるのも良いでしょう。

まとめ

ビタミンB群は、角質層の水分保持力を高め、肌バリア機能をアップさせてくれますので、外部からの刺激に対し抵抗力が上がり、肌のトラブルが少なくなります。

その結果、シミやシワを予防し、ニキビなどのトラブルにも効果を発揮します。

健やかな肌と体のために、ビタミンB群を積極的に摂ってみてはいかがでしょうか。