ビタミンAは最強の成分

ビタミンAは肌の細胞から整える?ビタミンC同様に大事な栄養素だった!

ビタミンCは肌に良いとはよく聞きますが、ビタミンAも実は肌に良いことをご存知ですか。ビタミンAは、さまざまな食品に含まれていますので、できれば身近にある食品を効率よく摂取し、トラブルのない綺麗な肌になりたいですよね。今回はビタミンAの実際の効果と副作用について、スキンケアの視点から解説いたします。

●ビタミンAの効果と副作用とは?

ビタミンAは、脂溶性のビタミンで、一般的にはレバーなどの動物性の食品に多く含まれ、目の健康や皮膚、粘膜の免疫力を上げ、紫外線から肌や体を守る働きをしています。

つまり、ビタミンCやEと同様の抗酸化物質で、美容と健康には欠かせないビタミンなのです。

ビタミンAには、以下の効果と不足した場合の症状がありますので簡単に説明していきましょう。

・目の健康を保つ(夜盲症の予防)

明るさや暗さを感じる網膜には、多くのビタミンAを含んだ光の受容体がありますので、当然ビタミンAが不足すると、まぶしく感じたり、暗い場所では見えにくいという症状が出現します。

・粘膜や皮膚を健やかに保つ

ビタミンAが不足すると、爪や皮膚、粘膜、消化管、肺、口や鼻などが乾燥し弱くなるため、外部から容易に病原菌が侵入してしまいます。

その結果、風邪が引きやすかったり、下痢や腹痛を起こしたりするのです。

成長期にビタミンAが不足すると、骨や神経にも影響を与え、成長障害が起きる場合があります。

・動脈硬化を予防する(抗酸化作用)

酸素を吸って、生きていく上で、必ず活性酸素も体内で発生しています。

この活性酸素は、病原菌を退治する役割もある一方で、増えすぎると正常な細胞までをも攻撃してしまい、細胞を老化させてしまう厄介な存在なのです。

しかしビタミンAには、抗酸化作用により活性酸素を除去する力を持っており、細胞を若返らせ動脈硬化を予防します。

ビタミンAは、ビタミンCやEと一緒に摂取することで、さらに抗酸化作用が向上します。

それでは、ビタミンAをたくさん摂取すれば、良いのでしょうか。

実は、過剰摂取はおすすめできません。

なぜかといいますと、ビタミンAの中でも動物性食品に含まれるもの(レチノール)を過剰に摂取した場合には、肝臓に蓄積され、頭痛、吐き気、嘔吐、発疹、筋肉痛、皮膚の角質化や肝肥大など多くの症状を引き起こしてしまうからです。

特に妊娠初期に過剰摂取すると胎児の奇形発生率が高くなることが分かっています。

ただし、植物性食品にふくまれるビタミンA(カロテン)は、摂り過ぎても皮膚が一時的に黄色っぽくなる程度で、体調不良をきたすことはありません。

●食事で摂取した時の効果とは?

ビタミンAの吸収率はかなり高く、どんな調理法でもしっかりと取り込むことができ、特に野菜の場合は油に溶けると効率がさらにアップしますので、油で炒めたりドレッシングを上手く活用すると良いでしょう。

以下の食品が、特に多くビタミンAが含まれています。
レバー

  • 肉類の中でも鶏のレバーと豚レバー
  • 魚介類では、あんこうの肝やウナギのかば焼き
  • 野菜類では、モロヘイヤやかぼちゃ、ニンジン、シソなどの色のあざやかなもの
  • その他には焼きのり、卵、バターなど

ビタミンAは、体に取り込んだあとは、肝臓で蓄えられますが、摂取必要量を超えてしまうと脂肪肝などになりやすいため、体に蓄積されない緑黄色野菜から栄養素を摂るようにするのが良いでしょう。

●スキンケア用品としては?

ビタミンAは皮膚の形成を促進させ、肌のハリや潤いを保ち、シミやシワ、ニキビを防ぎますので、化粧品にも多く使われています。

またビタミンAは、血管の弾力性や臓器の健康を保つ役割も持っていますので、スキンケアだけではなく、動脈硬化症や高血圧、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の予防にも役立ちます。

そして、子育て中で子供と一緒に外で紫外線を多く浴びてしまう方は、紫外線対策をしないと皮膚のビタミンAがダメージを受けてしまいます。

さらに日常的にビタミンAが不足してますと、回復が遅れてシミやシワの原因となってしまいますので、肌と体のために、紫外線対策とビタミンAの摂取を心がけましょう。

●まとめ

ビタミンAは、細胞に働きかけ、本来持っている機能を回復させる力があります。

その結果、肌の乾燥やシミ、シワ、ニキビなどのトラブル等が起きにくくなるように整えていますので、過剰な摂取は控える必要がありますが、しっかりと食品から摂ることが大事です。

身近にある食品で、ビタミンAを取り入れ、健やかな肌を目指しましょう。